加齢臭の原因物質

ノネナールについて

40代に入ると、途端に体臭がきつくなり、周りの方々を不快な思いにするのが加齢臭です。しかし、自分自身から発していることもあり、誰かに指摘されなければ、なかなか気がつかないのも大きな特徴でもあります。そもそも、この得体の知れない臭い…それはノネナールと呼ばれる成分が原因となっています。実はこのノネナールという成分は、21世紀に入ってから明らかになった成分であり、これが加齢とともに体内で生成され、臭いとして発せられることが分かりました。

 

加齢臭はその名前が示すとおり、若いうちはまったく臭いとして発することはないものの、40代を過ぎるととたんにきつい臭いを発します。それは、感染のそばに皮脂腺があり、そこから脂肪酸が生成されるのですが、老化に伴って、この皮脂酸が酸化してしまうのです。また基礎代謝が落ちることで、外部へ排出されず、内部でとどまってしまうことが多く、どんどん皮膚にこびりついてしまう状態となります。
そこへバクテリアがやってきて発酵してしまい、ノネナールを生成してしまいます。このようにして、基礎代謝が落ちることが加齢臭の原因でもあるのですが、皮脂酸を精製しやすくなる肉類中心など、食生活のバランスに偏りがあることで、ノネナールがどんどん生成され、加齢臭をどんどん悪化させてしまうのです。


フォレックスドットコムとはどういった業者なのかを紹介

柿渋石鹸の通販比較はこちら!